ごった煮

ポケモンのこととか

このブログについて

主にポケモン中心で記事を更新していきます。
他のことについても記事を書いていくつもりです。
漫画やらゲームやらアニメやらの記事も更新するので、ネタバレには注意してください。


※只今交換は受け付けておりません。
ポケモン交換で提供可能なもの。
オシャボ♀
理想個体
メタモン

主にこちらが対価として求めるもの
アイテム
未所持図鑑埋め個体
未所持ドリボ♀個体

交換希望の方はこちらのページを必読のうえ、Twitterにご連絡ください。


管理人について
HN:ゆうな
趣味:だらだらする。ゲーム。アニメ。漫画
連絡先:Twitter


ブログ開設:2016.5.5~

ろんぱっぱー(V3ネタバレ感想)

ダンガンロンパV3について思ったこと。




ダンガンロンパの新作をプレイ致しました。
好きなキャラのことなどいろいろと語りたいことはありますが、最終章をクリアして感じたことを書き殴りたいと思います。
ネタバレを含みます。
私は小説などは未読で、ゲームとアニメのみ履修しました。
そのため、お見苦しい点もあるかと思います。
拙い文章ですがお付き合いいただけると幸いです。






















1章を終えた後、私は抜け殻のような状態になりました。と、同時に、これがダンガンロンパかと感心した覚えがあります。
5章の学級裁判も同様ですね。
あそこまでは本当に結末を見届けることを楽しみにしていました。
1プレイヤーとして。

最終章に入り、真実が打ち明けられ、最原くんがダンガンロンパを否定したとき、最初は私もよく言った、こうきたかと思ったものです。
フィクションだからって、キャラクターの感じた痛みや想いは本物なのです。それを見せ物にするダンガンロンパを否定したわけですね。
まさか希望に打ち勝つ物語でも絶望に打ち負かされる物語でもないとは。
ここまではいいんですが、少しわだかまりが残ることがあります。
それはやはり前作の扱いです。
上記で最原くんが述べた通り、彼ら、前作の登場人物が抱えた痛みや想いは本物です。
本物なのですが、ここで前作は、最原くんたちの世界ではフィクションの扱いを受けています。
最原くんたちのダンガンロンパは、リアルフィクション。前作の彼らのダンガンロンパは、フィクション。
リアルフィクションとフィクションではどうしても越えがたい壁があり、フィクションである彼らの物語は何だったのだろうとわからなくなりました。
無印のコロシアイを終え、数々の犠牲を経て、それでも学園の外に出た彼らも、2で江ノ島に打ち勝ち、島に残った彼らも、結局はフィクションか。
それ以上何も考えられなくなりました。
苗木くんたちや日向くんたちの物語はフィクションとしてではなく、ダンガンロンパの世界としてあり続けてほしかったですし、生き続けてほしかった。少なくとも、私は最終章の学級裁判でそう受け取りました。
ただただもやもやだけが残りました。

それまでのダンガンロンパとV3の時系列や世界観を一緒に考えるものではないのかもしれません。
ですが、ダンガンロンパというシリーズにおいて、どうしても繋げて考えてしまうのです。
切り離せば楽だろうなと思います。
今作のテーマは嘘なのでしょうか。どこまでが嘘でどこからが本当なのか。
嘘、信じたいもの、信じたくないもの、真実ではないもの、真実。これら全てをどう受け取るのかプレイヤーに任せているかのような終わり方だったようにも思います。
ですが、個人的には消化不良でした。
こういう終わり方をすることが、コロシアイを見せ物にし、フィクションを楽しんでいたプレイヤーへ向けた最原くんたちの答えなんですかね。
上手く言えないのですが。
V3個々で見れば好きな話だったかもしれません。
かも~を言い出すとキリがありませんので、とりあえずカジノへ行って愛の鍵とって現実逃避したいと思います。

長々とお読みくださりありがとうございました。 

新作のおしゃぼ!


f:id:yu_na_pkmn:20161127124110j:image
ひさびさの更新となりました。
更新しない間にポケモンの映画の放映や新作の発売がされましたね!
更新をサボっているのが如実に表れてしまいました。

さて、新作のサンムーン、今まさにプレイ中です。
とっても楽しいですね!
パートナーを選ぶところの演出がとても好きです><
まだ島巡り2島目なので、早くクリアしたいところです。

ところで、新作の仕様で嬉しいことと言えば、やはりオシャボについてですよね。
早速Twitterのフォロワーさんはオシャボ孵化や集めをしています(*´ω`*)
私も早く集めたい!!

そういえば、三世代の夢御三家もシリアルで夢島?に出たはずなので、もしや新作で三世代夢御三家のオシャボが実現するのではとそわそわしています。
募集かけたら集まりますかね…。
ううーん。難しそうですが。

とりあえずHGSSでサファリダンバルが狙えそうなら狙います。
がんばるぞ~。

最後になりますが、少しだけオシャボ一覧ページを更新しました。

ポケモンセンター!

今日は休みでしたので、友人とお出掛けしました!

ポケモンセンターにも行ってきましたよ(*´ω`*)
身代わりの特集をしているのか、身代わりのグッズが多かったです。
かわいい!
ところでシュバルゴのグッズは………()

等身大くらいのヌメラのぬいぐるみがあったので、少しほしかったのですがお値段が高めだったので諦めました(;゚ロ゚)
四千円はだめだあ。ゲームソフトにしかポンッと出せない。

ガチャガチャをして、チャームコレクションを二つ購入しました。
ということで、戦利品はこちらです!

f:id:yu_na_pkmn:20160609180802j:image

ビードルのポケットティッシュはお買い物するとランダムでもらえるものです。
友人はミュウツー引き当てて、店員さんに拍手貰ってました(*゚∀゚*)
しかし、ビードルって。虫に好かれてるのかな。(記事にはしてませんが、前回つよかわのメガシンカポンチョ被ったピカチュウのチャームコレクション買ったら、二つともメガハッサムメガカイロスのペアチャームだったんですよね。中身が見えない呪いこわい…)

うっかりしてて写真を撮り損ねたのですが、映画のフェア?をやってるらしく、ポケモン映画歴代のポスターが貼られていました。
幼少期からポケモンで育ってきた方々にとっては嬉しいイベントですね!
とは言っても、ポスターが貼られているだけなのですが( ° ω ° ; )


ところで、ポケモンセンターなどなどで、今年のポケモン映画に登場する、キミアのサーナイトがシリアル配信されますね!
楽しみですー。ワタルカイリューみたく4V固定にならないかしら。
劇場での配信が、技や能力は未定とはいえ、マスターボール持っているゲッコウガなのは少し残念だなと感じていたので、キミアのサーナイトに全力を注ぎたいところ。
しかし、シリアルなんで北米ロムだと使えないんですよね。
所持ロムを見せたらいいんですっけ…。
なるべく早く行かないと!

日にちは6月17日~7月8日だそうです。
「キミア サーナイト」で検索するとすぐに出てくるので、詳細はそっちで確認した方がいいでしょうね。

ズートピアを観てきました

TwitterのTLで結構話題になっていたズートピア。
というか、うさぎときつねのファンアートがリツイートされてくるリツイートされてくるの嵐で、早く観たい欲求しかなく、雨の日に劇場に突撃してきました。
元々、ディズニーのファンで、CMでみたときからこれは観たいと思っていたので期待しまくり。(アーロと少年は結局観に行けなかったし…)
パンフも先に購入いたしましたww

ネタバレは含まないと思いますが、以下感想なので無知のまっさらな状態で映画を観たい方はお控えください。



作中、冒頭部分、向き不向きで語る問題ではないのに、どうもそうはいかない。
他人とは違う考え方を持つことより、大衆に合わせた方が幸せだという押し付けなど、かなり心にズシッとのしかかる内容でした。
しかし、それに対してジュディが反論することにより、彼女の前向きさ真面目さ正義感の強さが強調される描写となっています。

彼女がズートピアに初めて訪れたシーン、希望に満ち溢れBGMとも相成って、とてもわくわくさせられます。
ズートピアという街ですが、一見しただけでは、差別などなく平和そのもの。
平等で、全ての動物が各々支え合い生きているかのように見えますが、実際は違いました。
区別ではなく、差別意識で物事をはかられている現状。
努力で補われることも、いざ世間に放り出されるとそうはいかない。
世間の目は意外にも冷たく思うようにはいかない。
ああ、まさに現実社会そのものではないかと。

きつねの彼、ニックとの出会い方は、お人好し故に騙されるジュディというものでしたので、ニックの第一印象はずる賢く飄々としていて、なんだかつかめない性格そうという感じでした。

話が進むにつれ、彼にも事情があり、自分の生き方を曲げ、きつねらしく過ごしてきた事が明かされるのですが、どのような事情があったのかは本編で。

物語中盤から後半にかけてですが、作中での世間(上司とか)からの態度ががらりと変わります。
それを観て私が感じたことなのですが、なんとか細胞で話題になったobkt氏と全く同じだと。
謝罪後ではなく、なんとか細胞を見つけたときの彼女のマスコミの持ち上げ方が似ているんですよね。
掌返しがすごすぎるというか。
obkt氏、女性で研究成果を上げて素晴らしいすごい初の女性なんちゃらってもてはやされていたと思うんですけど、ほんっと似てるんですよ。ジュディへの評価が。
これって、少数派、大衆ではないから余計にはやし立てられてるんだと私は思うんです。
少数派であったジュディが、一躍ヒーローですよ。
偏見もっていたことなんてぽーいです。
上司からも貴重な人材と思われています。
まさに、まさに現実社会そのものではないかと(2度目)
できないと決めつけられて、ろくな仕事も与えられてなかったのに初期との待遇の差が凄まじかったです。

また、とある描写についても記述させてください。
自分が発言する側になったとき、意識をしていなくても大切な存在をも言葉で傷つけてしまう場合がありますよね。
そのとき、「君は違う。君に対して言ってない」と取り繕っていても、心の根の深いところでは拒否してたり認めてなかったりすることもあると思うんですよ。そういうことって態度に出てしまい、余計に相手を傷付けちゃうんですよね。
この、無意識下にある差別意識ってすっごくめんどくさいんです。
相手には伝わってしまうわけですし。
そいつのめんどくささがよく表れているシーンあるので、そこも見所かもしれません。

終盤について語ると、うさぎときつねかわいいしか思いつかないのですが、終わり方は前半とは違い、見た目や種族とは関係ない社会へ近づいたような描写が多く含まれます。

平等さというのは、変な固定概念や過去の出来事、ましてや本人とは関係ない過去の出来事なんて本来無関係ですよね。
そんな無関係なものにとらわれ、少数派を排他しようとし、大衆に合わせるだけでは見せかけであり、本当の平等とは程遠いのだなと改めて考えさせられる作品でした。


感想になってるのかよくわからないのですが、以上ですー。
長々とお付き合いありがとうございました!
時間と機会があればもう一度ズートピアを劇場で観たいと思います。
それくらい良い作品でした!!

メタモン

日本産めざパメタモン乱数(ボール不問)
※性格指定可能(わんぱく、むじゃき、のんき、なまいきはシンクロ要員がいません)

めざ氷
個体値:31 0 30 31 31 31
初期SEED:458BF5086490FABB
オフセット:43
消費:6(6928DAB0)
時刻:2000年1月1日13時41分20秒
キー入力:AB↑

めざ炎
個体値:31 0 31 30 31 30
初期SEED:615B0FB36CF1D55B
オフセット:44
消費:28(FFB5E48F)
時刻:2000年1月2日15時46分57秒
キー入力:ASt↑→RL

めざ草
個体値:31 0 31 30 31 31
初期SEED:ABEDD380E9837AA7
オフセット:52
消費:3(A5E2D825)
時刻:2000年1月5日22時37分45秒
キー入力:ASeSt

めざ岩
個体値:31 31 30 31 30 30
初期SEED:17A9CADA75F0A6CF
オフセット:44
消費:9(A8803601)
時刻:2000年1月19日17時8分57秒
キー入力:ASe↓RL

めざ地
個体値:31 31 31 30 30 31
初期SEED:C6EB64E2668A4964
オフセット:44
消費:17(8F4E76D3)
時刻:2000年1月14日7時54分54秒
キー入力:ASt→↑R

めざ格闘
個体値:31 31 30 30 30 30
初期SEED:8C0CEF7BED3EAF9D
オフセット:51
消費:8(0D563438)
時刻:2000年1月2日23時53分54秒
キー入力:BSt→↑R

※HGの野生乱数です↓
6V 臆病のみ
1匹目:メタモン(2)
性格=臆病(シンクロ使用)
性格値:7942ef72
個体値:31-31-31-31-31-31
特性:じゅうなん
めざぱ:悪70
初期SEED:d2140289
SEED消費数:74~110(74)
月×日+分+秒:210 or 466
時:20
フレーム+年-2000:649

未所持ドリボ♀

未所持ドリボ♀です。
ご協力お願いいたします。お礼はします。

一世代(夢特性でお願いします)
キャタピー ビードル ニャース
コダック ワンリキー イシツブテ
ポニータ スリープ クラブ
カラカラ ストライク コイキング
オムナイト

二世代(夢特性でお願いします)
ホーホー イトマル エイパム
ヒマナッツ ヤンヤンマ クヌギダマ
ノコッチ ハリーセン ヒメグマ
ブビィ

三世代(夢特性でお願いします)
ハスボー タネボー アメタマ
マクノシタ★ ノズパス クチート
ラクライゴクリン キバニア
ホエルコ ドンメル コータス
バネブー ナックラー ドジョッチ
ヒンバス カゲボウズ アブソル
ジーランス★ ラブカス タツベイ

四世代(夢特性でお願いします)
ビッパ ズガイトス★ タテトプス
ブイゼル スカンプー ヒポポタス
ケイコウオ ユキカブリ

五世代(夢特性でお願いします)
ダンゴロ モグリュー オタマロ
メグロコ イシズマイ ズルッグ
リグレー キバゴ マッギョ
クイタラン

通常特性
ナマケロ マイナン カクレオン